今月の特集 金魚 1月

今月の金魚 : 中国金魚

中国金魚とは

世界中で親しまれている金魚ですが原産地は中国で南北朝時代には既に飼育されていたそうです。最初はフナの突然変異から始まり様々な交配を重ねて、今では100種類以上の美しい品種が作り出されています。


代表的な中国金魚


だるま琉金

ショートテール琉金とも呼ばれる金魚ですが、名前の通り短い尾、寸詰まったまあるい体型が特徴です。体高があり肩の盛り上がりのあるキャメルバック体型が良型とされています。


ブロードテール琉金

ブロードとは「広い」という意味で、その名の通り広く大きい尾が特徴です。 上見向きの尾型ですが、ひらひらと大きな尾を動かし泳ぐ姿を見ると横見でも十分楽しめる品種です。


オランダ

頭の上にずっしりとした肉瘤を持つオランダですが、体色によって丹頂や東錦など品種が変わります。ベールテールやローズテールなど、尾型を改良した品種も新たに出回るなど年々バリエーションも豊富になってきています。


水泡眼

名前の通り、水泡と呼ばれる袋が眼の下に付くのが特徴です。水泡を揺らしながら泳ぐ姿が可愛らしく、人気が高いです。水泡の中にはリンパ液が入っており、一度破れると完全には元通りにならないので、尖ったものを水槽に入れないよう注意してあげてください。


PC / スマートフォン