アピスト売上ランキング!

昨年の弊社販売実績をなんとランキング形式でご紹介いたします! 1月、2月は【アピスト】、【ナマズ】(別ページ)のランキング!!!

小型で雌雄判別が分かり易く、繁殖を狙える種類も多くあります。 WILDだけではなく、ヨーロッパ、東南アジアでも養殖がさかんに行われている人気の種類です。 見るからに鮮やかな美しさ、繊細な美しさなど様々な種類に出会える事も大きな魅力の一つです。



アピスト売上ランキング!

1位 Ap.カカトイデス ダブルレッド

前回2位から1位に!欧州でのブリード個体がコンスタントに輸入されています。繁殖も容易で、性格も穏やかでカラシンなどとの混泳にも向いています。そして何より赤く染まる長く伸びた背鰭が美しく、No.1にふさわしいアピストです。



2位 Ap.ビタエニアータ カレイロ

南米に広く分布する種類。WILDの為、水質に慣れるまでは注意が必要だが、落ち着くと丈夫で繁殖も可能。身体に入るブルーのラメが非常に美しい。個体差が大きくコレクション性もあり。



3位 Ap.アガシジ ブルーフレーム

前回1位の種類。昨年は入荷量が少なく、入荷さえあれば1位だったかも知れない種類。コバルトブルーの美しい体色に赤い尾鰭。そのコントラストが非常に美しく、1度は飼育してみたいと思えるアピスト。



4位 Ap.ヴィエジタ エクストリームレッド

圏外から4位に浮上!何と言っても赤い!写真よりもっと赤くなります。こちらも入荷量が多くは無い為、入荷があればもっと上位に!?その中でも赤い個体で繁殖して、より赤い個体が出来たらどうなるんだろう・・・、なんて考えてしまいます。



  • 5位 Ap.パウキスキアミス ノボアイロン


6位 Ap.アガシジィ テフェ WILD

テフェ川はブラジル北部に位置したアマゾン川の支流。支流と言っても日本最長の信濃川よりも長い450km。ブラジルという国の大きさに驚かされる。テフェ産はアガシジの中でもひときわ美しく人気が高い。スペード型の尾びれとその模様も美しさを引き立てている。



7位 Ap.ボレリー オパール

アピストの入門種としても知られ、知名度抜群の種類。何より体高があり、オス同士で喧嘩をする際に鰭を大きく広げる姿は非常に見応えがある。メスは黄色味を帯びており雌雄判別もし易く、繁殖も容易。



  • 8位 Ap.エリザベサエ ネグロ WILD


9位 Ap.トリファスキアータ

こちらもボレリーオパール同様、流通量が多く入手は容易。発色したオスは全身がブルーに染まり、とても美しい。オスの気が若干荒く、メスを追い回す事があるので注意。緩衝材として他種を入れてあげるのも良い。ブリード個体の流通量は多いが、WILDの入荷は非常に少ない。



  • 10位 Ap.ディプロタエニア バルセロス
  • 11位 Ap.エリザベサエ ウアウペス


12位 Ap.メンデジー サンタイザベル

ブラジルネグロ水系に生息する細身でライヤーテールになる人気種。ネグロ水系でも、サンタイザベル産、バルセロス産で違いがありコレクション性もあります。



  • 13位 Ap.ヴィエジタ スーパーレッド
  • 14位 Ap.カカトイデス オレンジ
  • 15位 Ap.バエンスヒ(インカ)
  • 16位 Ap.ペルテンシス ネグロ WILD


17位 Ap.アガシジ ファイヤーレッド

アガシジの中ではファイヤーレッド、ダブルレッドの2種類が最も有名。前回はどちらも5位以内に入っていたが、昨年は入荷が少なくどちらも大幅ダウン。オレンジ色に染まる全身に、スペード型の尾鰭とそこに入る白いラインが非常に美しい。



18位 Ap.パンドリニ

なんと言っても可愛い!でも前回もこの位置・・・。目にかかるアイバンド、そしてオスの尾鰭の真っ赤な縁取り。可愛さと美しさを兼ね備えているのに何故?さらにメスの可愛さは格別。目や胸鰭、体に入る黒い模様がまるでパンダ。一度飼えば虜になる事間違いなし!?



  • 19位 Ap.ボレリー イエロー
  • 20位 Ap.ヴィエジタ ゴールド スーパーレッド




PC / スマートフォン