アンチグリーンを使った新しいコケ対策と除去、水草の成長促進も。

アンチグリーンを使った新しいコケ対策と除去、水草の成長促進も。


水草、特に前景草が照明やpH、栄養分といった条件を満たしているにもかかわらず、突然成長が止まることがあります。 この時、コケ取り生物の導入や換水と同時に、アンチグリーンを添加し、葉の表面をクリーニングすることによって、再び水草が成長することがあります。 本ページではそのメカニズムや、使い方や注意点、具体的な事例をご紹介します。


「アンチグリーン」商品についての詳細はこちら




◆◆ご注意◆◆
※使用にあたっては、適さない水草・生体もありますので注意点をよく読んでからお試しください。
※栄養系ソイルを使用している場合と、そうでない場合でかなり使用量が異なりますので、使用方法をよく読んでからお試しください。


目次



1.コケ対策と除去の概要、メカニズム


1-1.葉表面を顕微鏡で観察

成長スピードが落ちたと感じる水草の葉表面を顕微鏡にて観察すると、細長いラン藻がびっしりと付着していることがあります。 ラン藻は目で見ると面状に付着していますが、顕微鏡で見ると線・糸のような形状をしています。 また肉眼では藻類が見えない場合でも、葉表面を手で触るとヌルヌルしてることがあります。 その場合、細菌のような物体が葉に大量に付着している場合もあります。


葉表面に付着したラン藻
葉表面に付着する細菌だと思われる物体

1-2.アンチグリーンによってこれらのコケ、細菌類をクリーニング除去

葉表面にラン藻をはじめとしたコケ類、細菌類が多く付着した場合、炭酸ガスや養分の吸収を妨げると考えられます。 こういった水槽・水草に対してアンチグリーンを使用し、コケ、細菌類を除去することによって、水草の成長スピードが回復することがあります。 特に難易度が高い前景草の絨毯、マット、草原の成功率が高くなります。 また、アンチグリーンは水中の有機物を酸化分解し、最終的に水になるため、残留や着色が無い点もメリットです。


1-3.ラン藻の発生と地域の水

実は水草の育成、ラン藻の発生はその地域の水質によって難度が異なり、特に珪酸、硬度、硝酸、リン酸がどれだけ含まれているかによって大きく影響を受けます。 当社の試験水槽では硝酸が10ppm程度(非常に多い)含まれている水道水を使用しており、残念ながらこれらを栄養源とするラン藻が発生しやすい水質です。 このような地域では、本ページにご紹介しているアンチグリーンによるクリーニング方法が威力を発揮するようです。 逆に、これらの物質が少ない水(一般的に綺麗な水と呼ばれる)の地域では、そこまでしなくてもよい場合もあります。



2.使用方法


2-1.ラン藻の予防対策と水草の成長促進として

@水槽セット後、予防策として。または水草の成長スピードが落ちてきたと感じた時。アンチグリーン15cc / 60cm水槽(w600*d300*h360、栄養系ソイル使用時)を週1〜2回、換水後に添加。 この時、ろ過器、ポンプなどは動かしたままでも大丈夫です。 栄養系ソイルを使用していない場合は、分量を1/5〜1/3に減らして様子を見てください。
A2〜4カ月経過し、生物ろ過と水草の成長が安定してきたら、アンチグリーンの添加を一旦停止します。
B大規模なトリミングなど、水草の成長スピードが悪化したと感じ、ラン藻が発生し始めた場合、@にもどって再添加をはじめ、しばらく様子を見ます。


2-2.デメリット、注意点

栄養系ソイルで使用する場合、アンチグリーン取扱説明書に記載されている使用方法より添加量が多いため、次のことにご注意ください。


・水質に敏感なレッドビーシュリンプはじめビーシュリンプ類での使用は念のためお控えください。
・マツモ、ウィローモス類といった陸上葉を持たない水草・コケ類はアンチグリーンを添加することでダメージを与えてしまうことが多いためご使用をお控えください。 また、ボルビティス類も同じような傾向です。
・ソイルを使用しない水槽ではアンチグリーンの効果が強くでる傾向があります。 予防的使用の場合は3cc/60cm水槽(w600*d300*h360)に減らして様子を見てください。
・アンチグリーンで除去しにくいコケ類もあります。 これらのコケ類にはサイアミーズフライングフォックスやヌマエビ系(ろ過が安定した後導入)が効果的ですので、併用することをおすすめします。
・アンチグリーン使用直後は、水が白濁りする場合があります。特にろ材が新しく、生物ろ過が立ち上がっていない水槽では顕著になります。 そのときは換水頻度を少し多くすることをおすすめします(例:通常は週1回→週2〜3回)。 一か月程度経つと、この濁りは収まっていきます。

2-3.すでにラン藻が発生している場合

アンチグリーンの取扱説明書に記載されている方法でご使用ください。

アンチグリーン取説へ



3.コケ除去の実例集

新しいアンチグリーンの使い方によって、コケの除去に成功した事例をご紹介します。 すべて、60cm水槽(w600*d300*h360)にエーハイムクラシック2213を使用。 一回当たりの換水量は70%〜80%程度です。


3-1.事例1

  • 底床:栄養系ソイル
  • 照明:TWINSTAR 600E
  • 二酸化炭素:1滴/秒
  • 栄養剤:トロピカ茶液、緑液、カプセル
  • 換水頻度:週1〜2回
  • pH:6.0〜6.5
  • 水温:26℃

BEFORE
AFTER

ニューラージパールグラスに付着するラン藻

水槽立ち上げ後、1カ月後にラン藻が発生し、ヘアーグラスやストロギネ、ニューラージパールの成長が止まる。 その後、アンチグリーンによるクリーニングを施し、水草の成長が回復。そして写真(AFTER)のように。 水槽安定後は、換水を週1回、アンチグリーンは予防的に隔週に15cc添加。


3-2.事例2

  • 底床:栄養系ソイル
  • 照明:TWINSTAR 600E
  • 二酸化炭素:1滴/秒
  • 栄養剤:トロピカ茶液、緑液、カプセル
  • 換水頻度:週1〜2回
  • pH:6.0〜6.5
  • 水温:26℃

BEFORE
AFTER


ヘアーグラスにベッタリと着くラン藻

セット後1カ月後にラン藻が発生。 特にヘアーグラスは諦めそうになるくらい酷くラン藻が付着。 アンチグリーンによるクリーニングを施し、約2か月で写真(AFTER)のように成長が回復。 ヘアーグラスが伸びすぎている感はあるものの、状態安定後は換水を週1回行い、予防的に15ccのアンチグリーンを添加。 1年間維持中。


3-3.事例3

  • 底床:栄養系ソイル
  • 照明:TWINSTAR 600E
  • 二酸化炭素:1滴/秒
  • 栄養剤:トロピカ茶液、緑液、カプセル
  • 換水頻度:週1〜2回
  • pH:6.0〜6.5
  • 水温:26℃
  • ろ過材:立ち上がり済みのろ材を流用

BEFORE
AFTER

水槽立ち上げ後、約1.5カ月でラン藻が発生し、グロッソスティグマの成長が停止。 アンチグリーンによるクリーニングを施し、成長が回復。 ロタラ類、グロッソスティグマともに物凄い成長スピードで、アンチグリーンの予防的使用も不要なほど。 週1回の換水のみで半年間維持。水槽内の栄養成分がうまく水草に回っているものだと考えられる。


3-4.事例4

  • 底床:栄養系ソイル
  • 照明:TWINSTAR 600E
  • 二酸化炭素:1滴/秒
  • 栄養剤:トロピカ茶液、緑液、カプセル
  • 換水頻度:週1〜2回
  • pH:6.0〜6.5
  • 水温:26℃

BEFORE
AFTER

立ち上げから毎週1〜2回の換水後にアンチグリーン15ccを予防的に添加。 コケに悩まされることなく、順調に約4カ月経過(写真 AFTER)。 ただし、本水槽はソイルの使用量が通常より少なく、青華石も多く使用しているため、pHが上がりやすい要素が多い。 そのため、市販のpH降下剤を添加し、pHを6.0〜6.5に保つよう水質調整を行った。 たまに水質調整を忘れてしまう時もあったが、その時はニューラージパールグラスの成長が顕著に悪くなった。 アンチグリーンを予防的に添加するが、別の要素で水草の成長が悪くなった事例。


3-5.事例5

  • 底床:栄養系ソイル
  • 照明:TWINSTAR 600E
  • 二酸化炭素:1滴/秒
  • 栄養剤:トロピカ茶液、緑液、カプセル
  • 換水頻度:週1〜2回
  • pH:6.0〜6.5
  • 水温:26℃
  • ろ過材:立ち上がり済みのろ材を流用

BEFORE
AFTER

立ち上げから毎週1〜2回の換水後にアンチグリーン15ccを予防的に添加。 前の水槽同様、全くコケに悩むことなく完成。赤色の有茎草と、緑のヘアーグラスのコントラストが美しい。


3-6.事例6

  • 底床:栄養系ソイル
  • 照明:TWINSTAR 600E
  • 二酸化炭素:1滴/秒
  • 栄養剤:トロピカ茶液、緑液、カプセル
  • 換水頻度:週1〜2回
  • pH:6.0〜6.5
  • 水温:26℃
  • ろ過材:立ち上がり済みのろ材を流用

BEFORE
AFTER

立ち上げから毎週1〜2回の換水後にアンチグリーン15ccを予防的に添加。 前の水槽同様、全くコケに悩むことなく完成。 前景はヘアーグラスとキューバパールグラスの両方を植えたが、ヘアーグラスの勢いが強く、キューバパールは負けてほぼ見えない。 また、岩の上部からニューラージパールグラスが垂れて岩を覆いながら成長するねらいがあったが、アンチグリーンが得意としないコケに負けてしまい、リトライする。




PC / スマートフォン