ハナダイ・ハタ・メギス



ハナダイ・ハタ・メギス

サンゴ礁を大群で泳ぎ、ダイビングでも人気のハナダイの仲間達。浮遊するプランクトン食性種が多く給餌には工夫が必要です。 全ての海水魚に言える事ですが、育成には予めどういう性質を持った種なのかを知っておくと良いでしょう。

大群を作る種、少数でハーレムを作る種、単独で行動する主など様々です。 大きくなるとメスからオスに性転換する種が多く見られます。
ハタの仲間は肉食性のものが多く、単独飼育が望ましい種が多いです。 メギスの仲間は縄張り意識が非常に強く、淡水魚のベタの様に同種間で激しく争う種が多いので混泳には注意が必要です。



キンギョハナダイ オス
MS
キンギョハナダイ メス
SM/MS
ハナゴイ
フィリピン
MS
アカネハナゴイ
インドネシア
SM
エヴァンスアンティアス
MS
チゴハナダイSP. (INERMIS)
フィリピン
4CM+-
ニジハタ MS
フィリピン
7CM+-
アカハタ インド洋
スリランカ
20-24CM
カンモンハタ ML
フィリピン
13CM+-
ナミハタ
フィリピン
MS
クレナイトゲメギス(COCCINEA)
5-6CM
クレナイトゲメギス(COCCINEA)
7CM+-
コクハンアラ 幼魚 大きめ
16CM+-
オニハタ
フィリピン
7CM+-
バイカラードティーバック
インドネシア
SM
カンムリニセスズメ
フィリピン
SM
クレナイニセスズメ
フィリピン
SM
レッドスポットドティーバック
6-7CM
リングアイドティーバック
5CM+-
リングアイドティーバック
インドネシア
5CM+-
PC / スマートフォン