アクアフルールはオランダの農地地域である南ホラント州ウェストラントの中心に位置し、世界中のアクアリストのため、最高品質の水草を栽培しています。



先端技術による生産

施設・設備


アクアフルールの温室施設は20,000u(約6,000坪)もの大きさを有し、コンピューター制御された25万リットルの水を毎日循環し、湿度、温度、pH、必要な栄養分を厳しく監視しています。また、太陽光に加え育成ライトも併用しており、冬場も品質を落とさず栽培し続けることが可能です。これらの施設によって、100種類以上ある水草それぞれの種類/品種に適した環境下で栽培しています。



組織培養の技術

植物の多くは、組織培養から生産されています。 組織培養は品質が安定し、持続的な生産も可能です。また、自然界から親株を収穫しないため、原産国の植物相を保護することもできます。これらより、品質だけでなく地球環境にも優しい生産体制を確立しております。



アクアフルールのノウハウ

高度な専門知識を有するスタッフ


アクアフルールは、高品質な水草を育てることを目的として、愛好家らによって1983年に設立されました。現在所属している80名ほどのスタッフは、鉢植え、挿し木、植物の世話、気候の監視などの専門分野に精通しており、自分たちの仕事について深い知見を持っています。38年間水草に向かい合ったマネージャーを筆頭に、最高品質の水草の提供を心がけています。



アクアフルール社の水草について


水草の多くは熱帯域に生息しています。水草は水が少ないときは陸上で成長し、雨季に水位が上昇すると、水中環境に適した形態に変化します。しかし、育成面では陸上環境の方が育てやすく、輸送にも強くなります。アクアフルールでは陸上栽培を行っているものの、施設環境の湿度が90%以上にしているため、植物の葉は柔らかく、水中環境に適応しやすい特性を持っています。

POTの形状



POT製品はすべてセラミックリングが付いているため、水槽に入れるとよく沈み、多少の水流では倒れません。また、水草は一箇所にまとめて植えず、複数の穴に水草を植え込んでいるため、密になり過ぎず、健康的に育ちます。



アクアフルールのCSR


アクアフルールでは、環境責任とスタッフの良好な労働条件を最優先にしており、エネルギー、梱包材、化学薬品の使用量を削減し、環境に配慮した経営を目指しています。社屋では、巨大なソーラールーフを設置し、栽培水の75%をリサイクルしております。また、絶滅危惧種の取引は行わず、動物福祉と公正な取引に向けた責任ある行動を主導するよう努めています。



農業企業の持続可能性を実施するための国際組織(MPS)の認可を得ています。また、職場と地域の環境改善に取り組む国内外の団体とも協力して、健全な経営に取り組んでいます。




園芸や農業の最先端国であるオランダの高い技術力と競争力で、人気のブセファランドラをはじめ、高品質で高コストパフォーマンスのアクアフルールの水草を以下に紹介させていただきます。



PC / スマートフォン