ヘビ



ヘビについて

ヘビは好き嫌いの分かれる動物ではありますが、
ペットとして優れた素質を持っています。

ヘビは、脊椎動物亜門・爬虫網・有鱗目・蛇亜目に分類される動物で、南極を除く世界中に約3000種が分布しており、人間の文化に最も大きな影響を与えてきた動物の一つです。

ヘビがいつ現れたのか、どのような進化を遂げてきたのか、詳しいことは現在もわかっていません。その原因の一つに、ヘビの骨格が無数の小さな骨で成り立っているため、 化石として残るとこがほとんど無いからです。しかしながら、ヘビはトカゲから進化したと考えられています。ヘビが四肢を失ったのは、ヘビの祖先が地面に空いた穴などで暮らすためだったとする説が有力です。 その後地上に戻ってきたヘビは完全に四肢を失っていましたが、それは不利にはなりませんでした。四肢を持たないということは、逆を言えば、四肢を持つ動物にはできないトリッキーな動きが可能です。 ヘビは地面を素早く移動し、木に登り、水に泳ぎ、ついにはその長い胴部で獲物を締め付ける技を得て、優れた捕食者として多様に進化することができました。ヘビの細長い体には、様々な工夫と秘密が隠されています。

ヘビは嫌われ者の代名詞のような存在ですが、その要因の一つに、毒ヘビの存在があるでしょう。しかしながら、実際に人間にとって有害な種類はごく少数です。 また、毒ヘビ(クサリヘビ科やコブラ科など)の飼育は法律で規制されているため、一般での飼育はできません。現在、ペットとして様々な種類が流通していますが、 代表的なものはナミへビ科のコーンスネークや、ボア科のボールパイソンなどでしょう。これらは改良品種も数多く存在するため、コレクション性が高いのも特徴の一つといえるでしょう。

ヘビは比較的小さなスペースで飼育が可能であり、手間もさほどかからないため、都市型ペットとして優れた資質を備えています。



【爬虫類】珍奇!ヒゲミズヘビ

【爬虫類】珍奇!ヒゲミズヘビ

おそらく、世界で最も奇妙なヘビの一つ、ヒゲミズヘビ。本種の生態、飼育方法をご紹介します。

【爬虫類】ウェットシェルターのススメ

【超便利!ウェットシェルターのススメ】 爬虫類愛好家ならば知っておきたい、便利なウェットシェルターをご紹介します。

まとめてカートへ入れる ※まとめて買う商品の発注数量を入れてから「カートに入れる」へお進みください。

商品名 サイズ 価格 数量
CBベビー
 
CBベビー
 
CBベビー
 
WC
FREE