現地セレクト品


中国金魚の魅力

昔から中国では金魚を鉢やカメなどに入れて飼育し、上から見て楽しんでいたそうです。そして長い年月をかけて品種改良がおこなわれ、上から見て特徴がある品種が多く生み出されてきました。 蝶尾、花房、頂天眼や水泡眼、高頭パールなどは中国金魚の代表格です。 やがて、中国から世界へ向けて金魚が輸出されるようになってからも、中国では精力的に品種改良がおこなわれ、様々な表現をした金魚が作り出されてきました。 だるま琉金やショートテールオランダ、丹鳳(ロングフィンランチュウ)、出目ランチュウ、出目高頭パールや、ライオンヘッドなど、今では多くの中国金魚が存在しています。

塩水浴について

【塩水浴について】

金魚、鯉、メダカなどは比較的塩分濃度に対する耐性が高く、飼育において、 ストレス緩和や魚病薬との併用を目的とし、広く塩水浴がおこなわれています。 ここでは、塩水浴のメリットとデメリットを解説します。